>

イオンの効果を期待しよう

掃除の頻度を考えよう

1か月に1回ぐらいしか、排水口を掃除しない人が見られます。
しかし排水口はほぼ毎日使っているので、毎日汚れが付着しています。
もっと掃除する頻度を高めてください。
おすすめは、1週間に1回です。
毎週日曜日に掃除するなど、ルールを決めると良いですね。
すると掃除することが癖になるので、それほど大きな負担に感じないでしょう。

日曜日に予定が入っていて排水口の掃除ができないと思ったら、土曜日にするなど予定を調整してください。
やり方を覚えていれば、排水口の掃除は1時間ほどで終わります。
朝のうちにすばやく終わらせたり、帰宅してから掃除しても良いでしょう。
次に何をすれば良いのかわからず慌てないように、早く方法を記憶してください。

アルミホイルと10円玉

排水口にアルミホイルや10円玉を入れることで、ぬめりや臭いを予防できると言われています。
それらにはイオンが含まれているので、入れておくだけでも排水口を綺麗にできます。
汚れないように予防することで、掃除の負担や時間を削減できるかもしれません。
しかし10円玉を使うのは、抵抗を感じる人がいるでしょう。
そのような人は、アルミホイルの方が良いですね。

アルミホイルを小さく丸めて、排水口の中入れてください。
ぬめりや臭いが気になってきたら、アルミホイルの効果が失われている証拠です。
その頃になったら、アルミホイルを交換してください。
アルミホイルは自宅に常備している人が多いでしょうし、安いので実践しやすい方法ですね。


この記事をシェアする